荻窪の「焼肉たいが」は醤油で食べるお肉が最高に旨いです。今までとは違った異質の食べ方が味わえます。

荻窪の「焼肉たいが」は醤油で食べるお肉が最高に旨いです。今までとは違った異質の食べ方が味わえます。

【店名】
焼肉 たいが
【所在地】
東京都杉並区

【性別】男性
【年齢】53歳
【職業】会社員


【お店を知ったきっかけ】
元々は焼き肉が好きなので、様々なお店に行ってしました。
そして、数年前に荻窪に引っ越していたときに、街を散策していると、通り沿いにこのお店を見つけました。
食べログなどで評判を調べて、「行く価値がある!」と判断して行くことになりました。

【誰と行ったか】
一人でも、友人と連れ立っても行きました。




【お店の雰囲気】
荻窪駅の近くの大きな通り沿いにあります。
あまり目立ったお店ではないので、外からはわかりにくく、隠れ家的な雰囲気です。
駐車場はなかったと思います。
座席数もあまり多くなく、こじんまりとして印象です。
ただし、お店の雰囲気は暗い感じがとても良くて、大人のお店という感じです。
お店の方も焼き肉に詳しく、熱心な方で、好感をもちました。

【注文したもの】
醤油で食べるカルビです。




【感想】
一般の焼肉屋では、タレで食べることが多いと思うのですが、そのお店では醤油をお勧めしています。
その理由としては、魚の刺し身のような感覚を引き立てています。
味は紛れもなく高級のお肉なのですが、舌触りは高級なマグロのような感覚で、本当に舌の上でとろけるようにしてなくなっていきました。
いろいろな焼肉屋のお肉を食べましたが、この独特の感覚については、未だに他にありません。
最初はタレではなくて醤油で食することに違和感を感じましたが、お勧めする理由についても納得がいきます。
また、私はからい物が苦手であったためにわさびをあまりつけなかったのですが、からいものが平気な方はわさびをきちんと添えても良いと思います。
とにかく新感覚の食感に感動しました。




【他のメニューやトッピングなど】
繰り返しに通っていたので、ほとんどのメニューを注文しました。
他の焼肉も同じぐらいにお勧めです。
お酒については、一般的なビール、焼酎を飲んだのですが、そちらについてはあまり特徴もなくて普通の感じでした。




【エピソード】
一人で何度か通った後に、女性の友人とも行ったのですが、その方たちにもとても喜ばれました。
お肉があさっりしているので、誰でも美味しく味わえると思います。
そのときに行った方々も大変に喜んでくれました。
今後とも通いたい、大切に扱いたいお店なので、そそうなどはしていません。
お酒はほどほどにして、とにかくお肉を楽しみました。




【知人の評判】
他に行った方々も同じような感覚を味わったようです。
お肉が口の中ですっと溶けていくような感覚です。
あっさり、さっぱり食べることができたようです。
評価としても、とても高いもので、みなさんに喜んでもらえました。




【他との比較】
あまり焼かずに食べることが多いので、とにかくやわらかいことが最大の特徴だと思います。
一口で高級なお肉、そしてその中でもやわらかいものを選んでいることがわかりました。
これは焼き加減の問題ではなく、そのお肉の種類の特徴からきているものだと思いました。
近所のスーパーで焼肉を買うことがあるのですが、その差はとても大きかったです。




【価格と満足度】
料金はそれなりに高いと思います。
あまりお酒を飲まなくても、5000円ほどかかってしまいます。
ただし、それに見合う価値はあると思います。




【期待すること】
お店の雰囲気は申し分ないです。
トイレも含めてとても清潔に保たれているという印象です。
強いて言えば、メニューを増やしてほしいと思いました。
とても特徴のある、優れたお肉であるから、いろいろな食べ方があると思います。
いろいろと試行錯誤をして、我々があっと驚くような食べ方をメニューとして出してもらえればと思います。



とにかく、お肉の食感を堪能してほしいです。
舌触りが高級なマグロのような感覚で、本当に舌の上でとろけるようにしてなくなっていきました。
いろいろな焼肉屋のお肉を食べましたが、この独特の感覚については、未だに他にありません。
そして、おしゃれなお店でその雰囲気を堪能してほしいと思います。
お一人でも、友人と連れ立ってでもお勧めできるお店です。

焼肉 たいが
東京都杉並区
男性・53歳・会社員
荻窪の「焼肉たいが」は醤油で食べるお肉が最高に旨いです。今までとは違った異質の食べ方が味わえます。